小田急線の遅延証明書は後からネット経由で取得できます!→

毎日の通勤・通学お疲れ様です。
小田急線は首都圏の沿線の中でも、特に人気の高い路線です。
マンションや一戸建てを購入して住まわれている方も多いかと思いますが、電車通勤の大変さは悩みのタネですよね。

マンガやコミックそれに小説をパソコンやスマホで楽しみたいなら、renta(レンタ)やひかりブックスなど、電子書籍や電子ブックと貸本などのサービスが便利でよく利用されています。

注目のスポンサーリンク

小田急沿線の通勤・通学、住宅と不動産の情報

いま賃貸のアパートやマンションに住まわれている方にとっては、このままこの路線に住み続けようかどうしようか?というのは、常に考えてしまうところかと思います。
以下、小田急を使われている方のために役立つ情報をピックアップしてみました。

  • 小田急線の列車運行状況

  • 小田急電鉄

  • 小田急線の遅延証明書

意外に知られていないのですが、ほとんどの鉄道路線の遅延証明書は、ネットでも入手することが出来ます!
小田急の場合は、上記のリンクから遅延証明書のページを開き、ご自身が使われている路線のリンクをクリックするだけです。

会社や学校に行くまでに必要という方は、表示される画像をスマホで保存するかキャプチャーしておきましょう。
会社(またはゼミの研究室とか)でプリントアウトする時間(あるいは許可)がない!という方は、コンビニにでも寄ってプリントサービスを利用しましょう!

小田急小田原線・小田急多摩線・江ノ島線でマンションや一戸建て、不動産、賃貸をお探しなら

  • 小田急不動産”

  • 【スーモ】小田急線から探す住宅・不動産情報

小田急線沿線の特徴:

小田急線は大きく分けて小田原線、江ノ島線、多摩線に区分され、小田原線は新宿から小田原まで、新百合ヶ丘駅と相模大野駅でそれぞれの路線へ分岐し、全体としては神奈川県の中央部・南西部を走っています。

東京と神奈川を東西に突っ切る形で走っているため、JRや京王井の頭線など多路線との接続が多いのも特徴で、賃貸で住みたい街として人気の「下北沢」「代々木上原」、新築マンションや一戸建て住居の購入で人気を集める「登戸」「新百合ヶ丘」「町田」等の駅を擁しています。

また、東京メトロの千代田線との直通運転を行なっており、オフィス街の「霞ヶ関」「大手町」や、ショッピングやデートにも最適な「表参道」「赤坂」、銀座にほど近い「日比谷」などへもスムーズに行くことが出来ます。
快速急行を使えば、「新百合ヶ丘」~「新宿」間が22分、「町田」~「新宿」でも31分と、都心へのアクセスも良好です。

大きな特徴の一つでもある「特急ロマンスカー」は、小田原方面への観光だけでなく、前述の千代田線へ乗り入れている「ロマンスカー・MSE」も通勤客の足として人気を集めています。

小田急といえば、以前は私鉄の中でも通勤時間帯のラッシュが激しいことで知られていましたが、代々木上原駅から梅ヶ丘駅間の大々的な複々線化工事と、それに伴うダイヤ改正で、近年はかなり緩和されています。


注目のスポンサーリンク