チャレンジタブレットが充電できなくなった件

例の名簿屋が鳴り物入りで発表して、実質無料で配っていたAndroid端末、チャレンジタブレット。

何の因果かうちにも一台あるのですが、使い始めた当初から、重要なフィルタリング機能である「ファイナルスマホセキュリティ」とかいう変なアプリが動かなくて、調べてたら、何度もログイン繰り返すだけで親子判定のプロセスが落ちて親モードでログイン出来るようになるとか、そんなことしなくても普通に子モードを解除する方法がYouTubeで紹介されていたりだとか、もうグダグダっぷりが目に余る状態だったり。

マンガやコミックそれに小説をパソコンやスマホで楽しみたいなら、renta(レンタ)やひかりブックスなど、電子書籍や電子ブックと貸本などのサービスが便利でよく利用されています。

注目のスポンサーリンク

明らかに市場調査か市場占有のための試験的な商品だったとしか思えず・・・

そもそも、これだけ世の中にスマホやらタブレットが普及してるってのに、あえてアプリ配布にせずに専用端末を使ってるのは、フィルタリング機能で必要なもの以外は触らせないようにするのが主な理由なんじゃないかと思っていまして、それがまともに働かないってのは商品として終わってるとしか言えず。

で。

まぁ配信される内容自体も実にしょぼいもんばっかりで、うちでも電子辞書の代わりくらいにしか使われていなかったのですが。

先日、急に「充電ができなくなった」と家族から言われまして。
確かに、シャットダウンしてアダプター差してしばらく置いておいても、一向に充電されませんで。

こいつ結構バッテリーがもたないので、アダプター繋ぎっぱなしで使っていることも多かったから、電池が逝ったのかな?と思ったのです。
仕方なく名簿屋さんに電話してみると、

「補償期間の1年を過ぎているので、有償対応になります。本体なら9,000円、アダプターのみなら2,000円でお届けします」

・・・アホか。
9,000円あったら、チャイナ製だけどもうちょいマシなタブレット買えますやん。

でも、その時ふと思ったのが、

「これ、電池じゃなくてもしかしてアダプターか?」

ということでした。
昔、ヒューレットパッカードのノートPCが充電できなくて慌ててたら、本体じゃなくてアダプターが逝ってたということがあったのを思い出しつつ。

チャレンジタブレットの電源は、最近だいぶ減ってきたmini-Bタイプになっています。

ちょうどPSP用のがあったので試したら・・・充電できましたよ。
まさかのアダプターが原因。

そういうわけですので、チャレンジタブレットが充電できなくなったら、100円ショップでmini-Bのケーブル買ってきて試してください。
名簿屋さんにこれ以上暴利をむさぼられる前に、一度お試しいただくことをお勧め致します。

注目のスポンサーリンク