迷走するマクドナルド~マックダブル、昼マックをやめて高級路線に走り自爆。

マクドナルドが、1,000通り以上に広がるチョイス「新バリューセット」とかいうのを始めましたねぇ。

マンガやコミックそれに小説をパソコンやスマホで楽しみたいなら、renta(レンタ)やひかりブックスなど、電子書籍や電子ブックと貸本などのサービスが便利でよく利用されています。

注目のスポンサーリンク

・・・つか、なんか10年くらい前にもやりませんでしたっけ、これ?

調べたけどはっきりした情報が無かったんですが、サラダが出始めたころに、ポテトの代わりにサラダ、みたいに、サイドメニューの自由度をきかせたメニュー体系があった気がするんですが。

ま、どっちにしても失敗の香りしかせず(´ー`)y-~~
よくもまぁこう幾度も「ぜんぜん上手くいく気がしない」策を思いつくものです。

そんなわけで、その1,000通りのメニューなんざどーでもよくて、全く気に留めてなかったんですけれども。

今週になって、ドライブスルーで「マックダブル」を注文しようとしたら、

「申し訳ありません、マックダブルはメニュー改定で販売終了となりました」

と言われまして・・・

(゚Д゚)ハァ?

と、なった次第でございます。

いやそもそもマックダブルって何だよ?という方もいらっしゃるかと思いますので説明しますと、こいつはマクドナルド愛好家の間で、不思議なほどリーズナブルなメニューとしてひそかに親しまれていたヤツなのです。


【在りし日のマックダブル氏の雄姿】

中身の構成はと言うと、「バンズ2枚+チーズ1枚+ピクルス2枚」となっています。
何がリーズナブルなの?という話なのですが、こいつと非常に似た構成のバーガーに、不動の人気を誇るダブルチーズバーガー(以下「ダブチー」)がありまして、このダブチーの構成が、「バンズ2枚+チーズ2枚+ピクルス2枚」なのです。

つまり、マックダブルとダブチーは、チーズが1枚多いか少ないかの違いしかありません。
味付けも、比べて食べてみたことがありますが、どちらもオーソドックスなケチャップベースで、特に違いは感じませんでした。

なのに、価格を比べてみますと、都心のお店の標準価格では、

マックダブル … 190円
ダブルチーズバーダー … 320円

となっていて、なんとチーズ1枚の差なのに、値段が100円以上も違うのです!

これにはマック愛好家の間でも、「マックダブルが安いのか、それともダブチーが高すぎるのか」ということで、たびたび議論の的になっていたのですが・・・メニューから消えてしまったところをみるとおそらく前者、というよりは、マックダブルは利益率が低かったということなのでしょうね。

でも、あいつは安い割にそこそこのボリュームがあるので、食べたあとの満足感も含めて非常にコストパフォーマンスの良いメニューたっだのです・・・非常に残念です。

さっさと1,000種類メニューがコケて、またひっそりと復活してくれることを祈るばかりです(-人-)

注目のスポンサーリンク