ロリポップでcron向けのPHPのバージョンがおかしい件

ちょっと実験でcronを使おうと思い、lolipopでcronの設定をしたのだが、何故かエラーになる。
cronから実行メールを送るようにし、小一時間ほど悩んだところでふと気付いたのだが、作ったスクリプトがPHP5.4.x系だったので、マニュアルに従って、


~/web/hoge.php
--------------------------------
#!/usr/local/php5.4/bin/php

--------------------------------

って感じにしてるのに、送られてきたcronのメールを見ると、


--------------------------------
X-Powered-By: PHP/5.2.17
Content-type: text/html

(処理結果)

--------------------------------

と、何故か5.2.17なんぞで実行されている。

マンガやコミックそれに小説をパソコンやスマホで楽しみたいなら、renta(レンタ)やひかりブックスなど、電子書籍や電子ブックと貸本などのサービスが便利でよく利用されています。

注目のスポンサーリンク

cronで実行した時だけPHPのバージョンが古いものになるという罠。

何回やってもダメだったので、ありがたき先人の御知恵を借りることに。

結論としては、いきなりphpファイルをcronで呼び出すのではなく、


~/web/hoge.sh
--------------------------------
#!/bin/bash
/usr/local/php5.4/bin/php /(ユーザディレクトリ)/web/hoge.php
--------------------------------

というように、hoge.phpを呼び出すためのシェルスクリプト「hoge.sh」を書いて、cronからはこのhoge.shを呼び出す、というもの。
これで上手くいきました。

phpをCGI形式で呼ぶときはバージョンを統一してるのか…?
だとしても、マニュアルにわざわざパス指定まで書いてあるから、惑わされること請け合いである。

いやそれにしてもデフォルトが5.2系て。いまどき。ねぇ。

注目のスポンサーリンク