空気から水を作り出す「Fontus」~自転車で一時間走るだけでペットボトルを満タンに。

ジェームズ・ダイソンアワードのノミネート作品とのことで、残念ながらまだ世にあるものではないですが、非常に製品化して欲しい逸品。

太陽と自転車で水を作り出すFontus

〔参照元:http://www.jamesdysonaward.org/ja/projects/fontus-2/

太陽光パネルを電源として、ペルチェ素子を冷やして空気中の水分を強制的に結露させて、集めた水分を溜める、っていう仕組みのようです。
要は、エアコンのドレーンから出てくる水と同じってことですな(っていうと美味しく無さそうですけど)。

太陽と自転車で水を作り出すFontus

太陽と自転車で水を作り出すFontus

大気中の温度や湿度によって、結露の度合いも異なるでしょうから(真冬のカラカラ極寒の東京で走っても水なんか取れるんだろうか、と思ってみたり)、どちらかと言うと発展途上国など水に恵まれない土地でガンガン活用して欲しいですね。

注目のスポンサーリンク